保育士試験を受けるには

保育士になるには、厚生労働大臣が指定する保育士を養成する学校やその他の施設を卒業することで資格を得る方法と、国家試験に合格する方法の二通りがあります。


養成する学校や施設とは大学や短大、専門学校のことをいい最低でも二年間を学校で勉強することになり時間がかかることはもちろんですが、学費などの費用が相応にかかることになります。

しかし養成施設で勉強することにより所定の科目などを履修すると卒業と同時に資格を得ることができるだけでなく、実習を行なうことになるので現場の雰囲気や子供の様子などを把握することができます。



また幼稚園教諭免許が同時に取得でき、大学では幼稚園教諭1種免許を短大と専門学校では幼稚園教諭2種免許を取得できます。そのほかにも資格取得後の就職などのサポートを受けることができるところも多くあります。

一方で保育士試験を受ける場合は国家試験を受け合格する必要がありますが、必要な受験資格があるためそれに該当していなければ受けることはできません。

保育士の試験に有益な情報の紹介です。

試験は筆記と実技があり、筆記では九つの科目がありそれらすべてに合格する必要があり、実技では三科目の中から二科目を選択し合格する必要があります。
その際に実技試験の選択科目は受験申請時に選択科目を受験申請書に記入しなければいけないため、実技科目のそれぞれの条件を考慮して選択しましょう。


受験する際には受付期間を確認した上で忘れずに期間内に受験申請をしましょう。

保育士の求人について正しい知識を持つこと重要です。